アパレルの転職エージェントランキング

トップページ > 現在のページ
アパレル系の転職エージェントランキング
1位 ファッショーネ
ファッショーネ
ファッショーネの説明文
ファッショーネ公式サイト
ファッショーネの詳細ページ
2位 とらばーゆ
とらばーゆ
とらばーゆの説明文
とらばーゆ公式サイト
とらばーゆの詳細ページ
3位 マイナビAGENT
マイナビAGENT
マイナビAGENTの説明文
マイナビAGENT公式サイト
マイナビAGENTの詳細ページ
業界経験者からアドバイス アパレル業界の先輩からひと言

ファッションが好きであること

自分の仕事の領域が好きであることは、どの仕事にも共通ですが、アパレルの仕事は特に「ファッションが好き」でないと務まりません。アパレル業界は他の業界と比べて相対的にお給料が安いことが多いです。ですが、会社にはファッション好きが多くお洒落な人も多いため会社へ行くにもお洒落に気合いを入れないといけません。毎朝会社へ行くと、ごく自然にお互いのファッションに関して話が及びます。お給料が安い割にはファッションへの出費がかさむため、お金を稼ぐというモチベーションよりも「ファションが好き」というモチベーションがないと続かないお仕事です。

また、アパレルの仕事は一見華やかに見えて、地味な作業が多いもの。プレス発表会や広告撮影、展示会などの華やかなイベントは折々でありますが、普段のお仕事はとても地味な仕事が多いです。そのギャップで苦しまないためにも、やはり「ファッションが好き」という気持ちがないと、お仕事が続かないです。

体育会系に理解があること

アパレルの仕事は、意外かもしれませんが、昔ながらのやり方がはびこっていて昔気質で、仕事の仕方や進め方が、とにかくアナログな部分が多く、昔ながらのやり方がはびこっていて、中々変わることはないので、異業種からの転職組は戸惑う事が多いはずです。その不自由さをどう楽しむかが鍵です。

また、アパレルの仕事はとにかく力仕事が多いです。立ちの姿勢が多いし、商品のリース管理などで荷物を沢山運ぶことがあったり、とにかく体力勝負。本社勤務とはいえ、デスクワークなどの座る仕事よりも、接客業などの立ってする仕事のほうが体に合っているという人向きのお仕事です。

そして、アパレルの仕事は縦社会です。朝出社すると先輩に挨拶周りをしたり、毎朝の朝礼では社長の訓示や、店舗責任者による前日の売り上げ数字の報告を聞いたり、全員で挨拶の声出しなどをします。朝礼がない会社も多いなか、アパレルの業界は昔ながらの流儀が息づいているので、そうした朝の儀礼などをとても大切にします。朝礼などはそうした業界の体質が現れた最たるものですが、こうした体質に抵抗が無い人はアパレルの仕事が向いているかもしれません。