転職のタイミング

トップページ > 転職まとめ > 現在のページ

転職のタイミング|転職活動は在職中?それとも退職してから?

転職活動は、在職中に行う方がいいのか、それとも退職してから行う方がいいのでしょうか?

転職のためのリサーチや、面接を数回受けるのにも時間がとられますので、在職中ではなかなか積極的な転職活動ができないのが実情でしょう。そう考えると、退職後の活動の方が自由な時間ができる分、集中して短期間で活動する事が可能となり、気持ちにもゆとりが生まれます。しかしながら、その間の収入がなくなるわけですから、生活面を考えると在職中からの活動も仕方のないことだとは思います。

在職中に試験を受けると、志望職種の事情がよくわかり、事前に必要なスキルを習得するための準備期間もできるので、それはそれで良いのかも知れません。また、在職中に時間をつくることができずに、有給休暇取得も困難な場合には、面接の時間さえも取ることが難しくなります。そのような場合は、退職後の活動になるとは思いますが、それも在職中からきちんとリサーチを行い、志望企業を絞っておくことが大事でしょう。

在職中の転職の場合、退職までの引継ぎの関係がありますから、すぐには入社することはできません。通常ですと、転職先企業は、1、2ヶ月程度はそのこともちゃんと考慮してくれますので、相談してみると良いでしょう。

在職中の転職活動、退職後の転職活動、どちらかを選べる環境にある場合には、断然、在職中の転職活動ができればその方がベストです。退職後の転職活動は、すぐに転職先が決まればいいのですが決まらない場合だと、生活面の焦りから希望していた転職先を妥協して決めてしまう可能性が考えられます。

また、在職中であっても、今は企業のホームページや転職サイトなどから24時間いつでも応募することができますし、転職先の企業でも在職中の活動には理解があるため、面接日の日時設定もある程度考慮してもらえると思います。以前だと年度末の3月、9月や4月、10月などに求人の募集が多くありました。しかし昨今では1年を通して募集があることから、時期に関してはあまり気にするようなことはなくて済みそうです。

転職エージェントランキング