2013年転職人気の企業

トップページ > 転職まとめ > 人気・不人気の職種編 > 現在のページ

転職人気企業ランキング総合編|2013年社会人4000人に聞きました

1位(1位) Google
2位(2位) トヨタ自動車
3位(3位) ソニー
4位(8位) オリエンタルランド
5位(13位) 楽天
6位(6位) 資生堂
7位(23位) 本田技研工業(Honda)
8位(11位) 全日本空輸(ANA)
9位(12位) リクルートホールディングス
10位(18位) 武田薬品工業

※()内は昨年順位

株式会社インテリジェンスが運営を行っている大手転職情報サイト・DODA(デューダ)には、就職・転職活動において重宝する情報がたくさん掲載されています。全国の求人案件もさることながら、大多数の社会人を対象に実施された「転職人気企業アンケート」の結果を見れば、自分自身の転職活動の大きな指針になります。

Googleが4年連続1位の快挙

2013年の3月頃に社会人4000人を対象に集計された結果によると、人気企業ランキング総合部門では見事「Google」が4年連続の1位に輝きました。

Googleは言わずと知れたアメリカの会社で、世界最大のIT企業といっても過言ではありません。検索エンジンの規模は業界随一であり、今や「ググる」という言葉はインターネットを使う社会人にとって常識です。世界最大の動画サイト・YouTubeの運営、フリーメールの代名詞・Gmail、他言語をリアルタイムで翻訳できるGoogle翻訳、世界中の地域を閲覧できるGoogleマップなど、枚挙にいとまがないほど魅力的なコンテンツを続々とリリースしています。

Googleが支持される理由

多くの社会人からGoogleが支持されている理由として、「給料が高い」、「福利厚生サービスが充実している」、「競争力があり、やりがいを感じる」などの意見が多く見られます。ブランド力の高さに惹かれるため、関東や関西など都心部で生活している若者が転職活動先として選ぶケースが多いようです。

2位 トヨタ自動車

2位にはGoogleと僅差で「トヨタ自動車」がランクインしました。トヨタ自動車は日本最大の自動車メーカーであり、世界各地に拠点を置くグローバル企業としても名を馳せています。技術力や経営力の高さを評価する意見が多く、物作りの好きな日本人にとって非常に親しみやすい企業といえます。

3位 ソニー

3位には「ソニー」がランクインしました。不況の折、多くの家電メーカーが業績不振でリストラや倒産に追い込まれていますが、優れた技術力を誇るソニーは依然として高い人気を誇っています。最新の映像・音響技術のノウハウを結集したプレイステーションシリーズは同社を代表する大人気商品であり、ソニーの歴史を語る上で欠かせない存在となっています。

不動のトップ3

ちなみに、Google、トヨタ自動車、ソニーの3社は4年連続で転職人気企業ランキングのトップ3を維持しており、今最も将来性の高い企業といっても過言ではありません。また、昨年までは圧倒的に外資系企業の人気が高かったものですが、2013年版では日経平均の回復に伴い、楽天やホンダ、日立など日本国内の企業もランキングの上位に入りました。待遇の良さと仕事のやりがいの両立を図れる企業が近頃のトレンドのようです。

転職エージェントランキング